贈り物には果物を

 バレンシアオレンジ

春のくだものバレンシアオレンジは、オレンジの代名詞的な名前ではないでしょうか。
テレビコマーシャルなどで紹介されたり様々な飲料などの製品も出ているので知名度が高いかと思います。

元々は輸入オレンジが主流でしたが、日本でも生産する農家さんもあり、国産バレンシアオレンジが市場に出るようになりました。

バレンシアオレンジの木ただ、栽培数は少なく、国産は手に入れにくいでしょう。

このバレンシアとはスペインの都市名です。
原産地がスペインというわけではなく、アメリカのカルフォルニア州です。

バレンシアオレンジスマイルカット味について
バレンシアオレンジはスイートオレンジの一種で、果汁も多く甘いオレンジです。
カット、スライスして生食にしたり、フレッシュジュースにするととても美味しいです。


バレンシアオレンジ形・色について
このオレンジは、実が出来てから、食べられる様になるまで1年必要です。
五月頃花が咲き、翌年の春出荷します。

このとき、日本の気候では、回青現象という一度黄色く色づいた実が再び緑色を帯びます。
この現象は、一度実からなくなった葉緑素が、再び暖かくなることで、栄養を取り込もうと葉緑素を取り入れてしまうために起きる現象です。

味にはほとんど影響ないのですが、見栄えが少し悪くなります。
色は緑ですが、とっても甘くて美味しいオレンジですから、オレンジ好きの人なら、食べてないと損でしょう。

色を気にしないなら、ネット販売なので、バレンシアオレンジを産地直送をしているところもあります。
チェックしてみる価値はありますね。

用途
時期的には、6月頃となりますので、特定のイベントのプレゼントとしては使いにくいかもしれません。
料金的にもパーティなどでスイーツを作ったり、ご近所へお裾分けには適しているでしょう。
フレッシュジュースに適していますので、飲み物にこだわっている方にはお得。

初夏のフルーツとして、バレンシアオレンジは重宝するでしょう。