贈り物には果物を

 清水白桃(しみずはくとう、しみず)

夏のくだもの清水白桃は、関西で、高級桃として知名度の高い品種です。
どの様な桃かというと、サイズは中~大の全体的に黄色みのある白い桃です。
シーズンは、7月下旬から8月上旬にかけて。
非常に香り高く、肉質が細やかな桃といえば清水白桃です。
関西では、岡山、和歌山のあら川が山地として有名です。
あら川の桃といえば、清水白桃を挙げる人がほとんどというくらい、白い桃は人気の果物です。
サイズは中サイズ。300g~380gまでといったところでしょうか。
特大サイズの500gを超える品種もありますが、こちらは超高級。
大きいからといって大味ではなく、甘みも強く、柔らかくきめ細やかな肉質にとろけるでしょう。
もし手に入れる機会があればそれはすごく幸運な事ですね。

清水白桃味について
清水白桃は、香りが非常に良く、果肉もきめ細やか。
甘さものっているものが多く、高級桃の名を欲しいままにしています。


先に言いましたが、とろけるような舌触りが特徴で、食感が良い桃です。


「あら川の桃」の代表的な桃の名に恥じず、香りがとても良く、肉質も柔らかくきめ細やかでジューシィ。だれもが美味しい!といってしまう桃です。

おすすめの食べ方
軽く押すと、へこみがもどるのが少しおそくなったくらい。若干柔らかくなった頃です。
食べるまでは常温で、食べる2時間前に冷蔵庫に。軽く冷えたら、桃の皮を手で剥きましょう。
そうすると、皮に果肉の繊維が残るくらいになります。
一皮剥く毎に、香りが広がります。
全て剥き終わったら、おもむろにかぶりつく。
これが史上最強の桃の食べ方でしょう。

もちろんカットして食べやすくしても美味しいですし、コンポートやジャムなど加工しても大変美味しい桃です。

形・色について
白い桃と言われるとおり、赤色は若干あるくらいで、全体が薄い黄色みのある白色です。
清水白桃を知らない人はなかなか赤くならないと熟した時期を逃してしまうことも。
また逆にまだ熟していない果物を買ってしまったと勘違いする人もいますので注意しましょう。

桃の地肌が透き通るような白から黄色がかっていて、いわゆる桃のピンク色とは違います。

この白さも非常に高級感があります。
白いため、傷みなどが目立ちますし、日持ちもあまりしないほうです。
とれたてを買って、早めに食べるのが良いでしょう。

8月上旬までが旬なので、関西のお中元やお盆の御供えに使える高級な桃ですので、大変重宝します。
また、関西ではこの桃を送ると大喜びされるでしょう。