贈り物には果物を

 種なし巨峰(きょほう)

秋のくだもの秋と書きましたが、夏頃から食べられるのがブドウです。
中でも大きな巨峰は人気で、贈り物にもよく使われますね。

近年は種が無いブドウ(巨峰など)が主流です。
また、巨峰と同じ様な紫色の大きいブドウも品種がたくさんあり、それぞれ美味しく食べられます。
種があると敬遠される事も多いので、種なしブドウの生産は多めです。

巨峰ぶどうの良し悪しは、
房の大きさ
粒の詰まり具合
実のハリ

そして、食べたときの果汁の多さ、甘さ等できまります。

ぷりっとして美味しそうなぶどうは美味しいのですから、感覚的に分かって良いですね。

ブドウの粒味について
ぶどうは多くの人が食べたことのある果物ですので、説明もいらないでしょうが、とっても甘く、そしてほどよい酸味と香り。果肉はぷりっとしていて、噛むと果汁が溢れる。とても美味しい果物です。

ケーキなどのトッピングに添えられることもありますが、やはりそのまま食べるのが美味しいでしょう。近頃は種だけでなく、皮が渋くない品種を開発し、皮ごと食べられるブドウも人気です。

種がないため、種の周りの渋い部分が無いので、果肉が全て甘い状態でたべられるのが良いですね。

巨峰の房 形・色について
ブドウは房で数えられますが、丸い果実が沢山つきます 。その密度が高いほど美味しいといわれていますが、品種によってはとても甘いけどすかすかというものもありますので、注意しましょう。

皮は渋みが多めですので食べないものがほとんどですが、赤ワインなどはこの皮の色で赤くなります。

贈り物にもよく使われます。
特に関西のお中元や、お盆の時期には贈り物、お供え物として良く渡されます。

子供も大人も好きな人が多いので無難な贈り物といえるでしょう。