贈り物には果物を

 紀ノ川柿(樹上脱渋の渋柿)

秋のくだもの紀ノ川柿は、刀根早生や平核無などの渋柿を樹上で渋を抜いた柿の品名です。
この様に樹上で渋を抜くと、果肉に水溶性タンニンが不溶性となり、黒い模様が斑に入ります。このマーブル模様は綺麗ですし、サクサクした食感と甘さが美味しい柿になります。

紀ノ川柿樹上紀ノ川柿の名前の通り、生産されているのは和歌山県の紀の川に面した地域です。

模様が綺麗なことや完熟まで収穫しない事などで美味しい柿ができると珍重されています。

紀ノ川柿断面味について
種なし柿と同様渋柿ですが、樹上で渋抜きするため、収穫した際には食べられます。

食感は最初の頃はサクサク。甘みも強めです。アルコールで脱渋するのが良いと言う人もいます。

紀ノ川柿 形・色について
他の種なし柿と比べても、外観はほとんど見分けが付きません。
ですが、果肉のマーブル模様で紀ノ川柿だとわかります。

旬は10月~11月頃です。
お歳暮に送っても喜ばれますが、少し早めです。個の柿でないとという人もいるくらいファンの人もいます。
見た目がキレイですので、ちょっとしたデザートにも良いでしょう。