贈り物には果物を

 川中島白桃(かわなかじまはくとう)

夏のくだもの川中島白桃はその名の通り、信州、川中島で見つかった品種と言われています。。ですが、サイズが大きい事、甘さがのっていること、肉質の良さにより、全国的に生産されています。
あら川の桃としても、8月中旬ころより下旬まで楽しめる桃で、そのサイズや味に惚れているファンもいます。
サイズは大き目で300g台後半から500g超えまであります。

川中島白桃味について
川中島白桃は、甘い桃として知られています。
夏の日差しを浴びて甘さがのった桃です。
肉質は好みが分かれますが、プリプリした食感があります。
清水白桃と食べ比べると、一方はきめ細やか、一方はざっくりした繊維と評価が分かれます。

コンポートやジャムなど加工しても大変美味しい桃です。

川中島白桃の紹介形・色について
大玉で、全体的にピンク色が強めです。
いわゆる桃の形をしています。
個人で楽しむにはこの頃の桃が実はお買得でもあります。
お中元、お歳暮のシーズンが終わってますので、同じ値段でも大きめを購入できる場合もありますね。

また、甘さのはずれが少なく、甘いのは確実ですし、大きな肉厚の果肉はむっちりとした食感です。
繊維質は少し大きめですが、それにあまりある甘さが良い桃です。

ボリューム満点ですので、濃い味が好きな方にはおすすめします。

繊細な甘さと食感なら、清水白桃をお勧めします。