贈り物には果物を

 白鳳(はくほう)あら川の桃

夏のくだもの初夏、7月上旬から7月下旬にかけて出回る桃といえば、白鳳が多いです。
特に和歌山県の桃の産地、あら川地区では、主な品種として、この白鳳、清水白桃、川中島白桃が挙げられます。他にも日川(白鳳)もですが。
形は、 一般的に知られている形状の桃で、上がピンク色で下に向かうほど白い桃です。
サイズは小ぶりな物から中サイズまで。200g~300gといったところでしょうか。

桃のシーズンの最初の頃に食べることができるので、初物を食べたい人は、白鳳をねらうのが良いでしょう。

味について
爽やかな甘い桃でジューシィですが、甘さは少し控えめな桃です。
甘さを求めるなら、もう少し待った方が、甘い桃を食べられます。
香りはさすが桃という感じです。
この季節の桃園は良い香りにつつまれています。

白鳳形・色について
あら川の桃の場合、6月下旬から7月頭と早めに桃を食べたい人にはうってつけの桃といえるでしょう。
比較的小ぶりな玉ですが、食べるのには丁度良いでしょう。また、関東のお中元・お盆の時期に旬になるので、お使い物、お供え物にも丁度良い桃です。