贈り物には果物を

 富有柿(ふゆうがき)

冬のくだもの関西では特に秋冬を代表する果物としてみかんと並ぶのが柿です。
柿の生産量日本一は和歌山県なのですが、その中でも産地として、九度山・かつらぎ・粉河などが有名です。
特に「九度山の富有柿」は大きくてしかも美味しいと評判です。
この九度山とは、地名で、和歌山県北部を東西に流れる紀ノ川の中流に位置します。

富有柿富有柿とは甘柿の品種の1つです。種がある柿で渋抜きをしなくても食べられる柿です。
有名な柿としては次郎柿なども甘柿ですね。

種はあるのですが、富有柿は大きな物もあり贈答用にも喜ばれる柿です。

富有柿味について
富有柿は、糖度は16度、17度以上と甘い柿です。また3Lになると250g以上の大きな柿もあります。

柿は香りもあまりなく、酸味も無い果物ですので、生食がほとんどです。
現在では様々な加工品なども開発されて、美味し9食べられる様に研究されています。
加工品としては干し柿やあんぽ柿がメジャーですが、柿のジャムなども美味しく食べられます。

富有柿 形・色について
色は濃い黄色から濃いオレンジ色です。
年や場所により、色づきが変わります。
和歌山県では、2010年は春時期に寒くなり霜が降りたため、柿の新芽が枯れてしまい、生産量がかなり変わりました。
しかし例年よりも甘く美味しい柿が出来たため、2010年の柿は美味しいと評判だったようです。
旬は10月末~11月まで。

お歳暮、贈り物の定番としても喜ばれる富有柿です。
大きな柿は立派で、お世話になった方に贈るのも良いでしょう。