贈り物には果物を

 種なしビアンコ

秋のくだもの秋と書きましたが、夏頃から食べられるのがブドウです。
ビアンコはしゃきっとした食感が特徴で、酸味が少なく甘いブドウです。
緑色が綺麗で、巨峰と同じく大きめですので見た目も、贈り物にも喜ばれるでしょう。

ビアンコの房ぶどうの良し悪しは、
房の大きさ
粒の詰まり具合
実のハリ

そして、食べたときの果汁の多さ、甘さ等できまります。

ぷりっとして美味しそうなぶどうは美味しいのですから、感覚的に分かって良いですね。

ブドウの粒味について
とっても甘く酸味も少ないのですが、果肉と皮があまりうまくとれにくいので、房から取って、そのまま口に入れるのがよいでしょう。

皮は渋みが少ないので、果汁と果肉を味わった後は吐き捨てれば美味しく食べられます。

そのまま皮を食べる人もいます。

ケーキなどのトッピングに添えられることもありますが、やはりそのまま食べるのが美味しいでしょう。近頃は種だけでなく、皮が渋くない品種を開発し、皮ごと食べられるブドウも人気です。

ビアンコ粒 形・色について
マスカットと同じように緑色で、大きな実は食べ応えもあります。種がないので食べやすく渋みも少ないのが特徴です。

贈り物にもよく使われます。
特に関西のお中元や、お盆の時期には贈り物、お供え物として良く渡されます。

高級くだものとして贈り物に喜ばれています。